目黒区民は母子手帳と一緒にカタログギフトがもらえる

こんにちは、なかもんです。
前回の検診で無事に出産予定日が決まったので、母子手帳をもらいに行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今年(平成29年度)より始まった、ゆりかご・めぐろ制度

私は目黒区住まいなので、目黒区のどこで母子手帳がもらえるか調べてみました。

上記のページを調べていたところ、こんな記載が…

また、妊婦ご本人が保健予防課又は碑文谷保健センターに届出すると手帳の交付と同時にゆりかご相談員(助産師・保健師・看護師)との面接が受けられます。
面接された妊婦の方には、ゆりかご応援グッズ(育児用品カタログギフト1万円相当)をお渡しします。

ほうほう、今年(平成29年)から始まった「ゆりかご・めぐろ」という事業の一環で、妊婦本人が面接を受けるとカタログギフトがもらえるようです。(面接って言い方はちょっとだけ違和感ありますね…)

ただし面接が受けられるのは区役所の中にある保健予防課か、碑文谷保健センターのみとのこと。
地区ごとの出張所などで母子手帳をもらった場合は、別途上記のいずれかに面接の予約をして行かないといけないみたいです。

ということで2回も役所に行くのは面倒なので、母子手帳と同時に面接も済ませるため、平日に碑文谷の保健センターに行ってきました。

碑文谷保健センターで母子手帳の受け取り

特に予約などもせず、平日の午前中にフラっと保健センターへ。
この日は子どもたちの予防接種?を行っていたようで、子供とママさんがたくさんいて賑やかでした。笑

入り口にいたセンターの方に母子手帳の受取と伝えると、2階の奥側の窓口に案内されました。賑やかだった1階とは違い、2階は利用者が少なくすぐに受取できました。

母子手帳のほか、ママさんの交流会や勉強会、ヘルパーさんなどの支援事業の資料、子育てに当たってのガイドブックなどなど資料だけでもかなり盛りだくさん。

センターの方が丁寧に説明しながら渡してくれるので、20分はかかります。

そして最後にカタログギフトをいただきました。
思ったよりでかい!!立派かつ可愛いパッケージです。

あまりにも資料が多いので、帰りには紙袋をくれました。
バッグにはとても入らない量だったので助かりました…。雨の日はちょっと大変かも。

カタログギフトは品数豊富、ベビー服やママ向けのグッズも

帰宅後、カタログギフトを開いてみました。右側にはなんとクーピーが入ってます。豪華だなあ…

左側には冊子が2冊。

奥に入っていた方はぬりえでした。さっきのクーピーとあわせて、このカタログ自体で子供が遊べるんですね!良い!

そしてこちらがカタログのほう。ベビー服やおもちゃなど色々載ってます。

バッグとかストールとか、ママ向けの小物も。

キッチングッズまで…。ラインナップはかなり充実してますし、価格帯もそこそこいってそう。

注意点としては、カタログをもらってから3ヶ月以内に申し込みをしなければいけないという点です。

3ヶ月後だとうちはまだ性別わかってないなあ…ベビー服は難しそうなので、オモチャか普通にキッチングッズなどもらっちゃいそうです。笑
後から面接に行くのが億劫じゃない方は、性別がわかってから受取に行くのがいいかもしれませんね。

子育て支援のカタログギフトは大田区でももらえる?らしい

それにしても思ってたより豪華で驚きました!

ちょうど妹(大田区住まい)も妊娠中なのですが、この話をしたところ、どうやら大田区でも全く同じカタログギフトがもらえるようです。

一昨年1人目を産んだときはこんなのなかった!って言ってたので、やはり最近始まった制度なんでしょうね。年々ちょっとずつですが子育てしやすい環境ができてきてるのかな。ありがたい。

こちらもどうぞ

妊娠9週め、出産予定日決定&分娩予約に必要なお金の話
こんにちは、なかもんです。 GWが明けて、3度目の検診に行ってきました。妊娠9週め(8週と1日)にあたり、今回で出産予定日が決まるそうです。前回の検診から3週間も空い...
出産の前に引っ越すか、産んだあとに引っ越すか?
 こんにちは。なかもんです。引き続きつわりの症状も軽く、ピンピン動き回っております。空腹になると気持ち悪さが出てくるので、空腹のサインだと受け止めて何か食べる...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする