中古戸建てのお風呂&洗面台をリフォームしたら最高の家になった

少々お久しぶりです、なかもんです。

7月に購入した中古の戸建住宅、8月から1ヶ月ほどかけてリフォームをしていたのですが、ついに完成し無事入居いたしました!!
先週引っ越してきたばかりなので、まだまだ家の中も片付いておらすバタバタしております(^_^;)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

リフォームはお風呂と洗面台がメイン

中古で購入した物件でしたが、もともとかなり綺麗な状態のお家だったので、こだわりたい部分のみリフォームしました。ざっくり分けて以下の点ぐらいです。

  • お風呂
  • 洗面台
  • リビングの床
  • 全体的に壁紙の張替え

リフォームにかかったお金は300万円ほどで、中でも大きかったのはやはりお風呂でした(120万円ほど)。

不動産屋さんから紹介いただいたリフォーム業者さんに施工をお願いしたのですが、これまた物凄くしっかりしていて丁寧な業者さんで……かなり細かい部分や答えにくい質問にも懇切丁寧に答えてくれて、とても満足いくリフォームに仕上げてくれました。ありがとうございますm(_ _)m

お風呂はTOTOのサザナにリフォーム

今回のいちばんのこだわりであるお風呂は、TOTOのシステムバス「sazana(サザナ)」というシリーズにしました。
マイホーム用のバスルームだと、まずメーカーはLIXILかTOTOのどちらかを選ぶことになると思うのですが、リフォーム業者さんも不動産屋さんも「後々のサポートが良いので多少高くてもTOTOがオススメ!」と仰ったため素直にTOTOを選択しました。

約1月半ほど前にリフォーム業者さんとTOTOのショールームに行き、いくつかシステムバスを見学してサザナに決定。機能性が高く、デザイン性もそこそこいい割にお値段がちょうど良いぐらいだったので即決で決めてしまいました。

sazana(サザナ) | 戸建住宅向けシステムバスルーム | 商品情報 | TOTO
ほっカラリ床・エアインシャワー・魔法びん浴槽でとっても気持ちいい。毎日のおふろのしあわせを最大限にするサザナです。

バスタブの形やシャワーなんかはもちろん、どの壁をどの色にするとか床の色はどうするとか鏡の形はどうするとかメチャクチャ細かくオーダーできました。選べるものが多すぎて、注文の途中で「もうなんでもいいです…」モードになりかけた。

幸い注文通りの在庫が確保でき、無事に納品されていました。こちらがピッカピカの我が家のバスルームです!

…画角が狭くて全然良さをお伝えできないのが残念なのですが(iPhoneの限界だった…)、とにかく広くてキレイ!
足伸ばして余裕でゆったり入れるし、お湯張りがも追い焚きも湯量も自由自在!!!元々住んでいたマンションが昔ながらの水道をひねってお湯を出すタイプだったので感動が大きいです。しょぼいマンション住んでてよかった!!

洗面台はTOTOのサクアにリフォーム

洗面台もTOTOのショールームで選び、サクアシリーズに即決しました。洗面台部分が四角く深い構造で、シンプルかつ使いやすそうだったのが決めてです。

サクア | 洗面所 | 商品情報 | TOTO
収納機能とエコ性能を充実させた洗面化粧台!リフォーム現場にも対応!

こちらもお風呂同様に、色やサイズから引き出しのタイプ、収納有無、照明まで細か〜くオーダーすることができます。

とにかく収納力が欲しかったので、引き出しと上部の開き戸をオプションで付けました。ちょっと予算はオーバーしましたが、お風呂・洗面周りの荷物全てが洗面台の中に収められるようになり、大変スッキリしました。特に引き出しの収納力が素晴らしいです。

床の張り替え

全体的に綺麗なお家でしたが、ところどころ「一昔前」感があるのが気になっておりました。フローリングもまあ割ときれいな状態だったのですが、この明るい茶色にどうしても古さを感じて気になっていたんですよね…。

しかし床を全面張り替えとなると完全に予算オーバーなので、リフォーム業者さんと相談してリビング階の床だけフロアタイル張りに変更しました。

フロアタイルというのはこういう、木目などがプリントされた接着シートみたいなもののことです。

最近のものはかなり進んでいるらしくパッと見ではフェイクだと気づかないほど。テイストも幅広く選ぶことができたので、ナチュラル系オークで幅広の素材を選びました。

そして完成したリビングがこちら。天井と周囲の壁紙も張り替えました。水色の部分はもともとの壁紙がきれいだったので活かしてあります。(引っ越し中なので荷物が見苦しくてすみません…)

床のアップ。けっこう木っぽい仕上がりです。うちにはコレで十分かな。

アクセント壁紙で印象が変わる

家の中の壁紙も、黄ばみや古さが気になるところを中心に白基調の安い壁紙に張り替えただけでものすごく明るくなりました。そこまで予算かけてないのに全体の印象が良くなったので、壁紙って大事なんだなあ〜と痛感しております。
そして色や柄の強い壁紙は部分使いすることでアクセントにしました。

先ほどのリビングはもともとカウンター周りが水色だったのを活かし、さらに天井は濃いネイビーの壁紙にして引き締まった感じになるようにしました。

トイレはちょっと明るさが欲しかったので、背面一部だけ木材っぽいテイストの壁紙にしてもらいました。

旦那の部屋。こちらはドアを入って正面の壁を、リビングの天井と同じネイビーにしました。なんかかっこよくなってちょっと羨ましい…笑

リフォームは大満足の仕上がり

住みはじめて一週間ほどですが、シンプルに最高です。家が最高って最高…ずっと家にいたい…。

やはり今まで私が住んできたような家賃の安いマンションだと、当然トイレやら洗面所やらの細かい設備まではお金をかけていられないので、最低限のものを使うしかできなかったんですよね。マイホーム用というのがいかに細かく丁寧に作られているのか、初めて使ってみてビックリしました。

今回、住宅の購入費用+リフォーム代を住宅ローンで借りていますが、月々の返済費は前住んでいたマンションと駐車場の賃料とほとんど変わりません。
にも関わらず面積は3倍になるし家のすぐ前に車停めておけるし風呂やキッチンの性能は比較にならないし、今のところはこの選択に非常に満足しています。まあ「自分たちのものである」がゆえの苦労もこれからあるでしょうが…。

現在は家具や雑貨をニトリでガシガシ買い揃えて整備段階です。完全にニトラーと化しています。早く荷物整理を終えてゆっくり過ごしたいな〜

こちらもどうぞ

中古で戸建てを購入してから引っ越しするまでのまとめ
こんにちは、なかもんです。 以前別の記事でも書きましたが、都内某所に中古で一戸建てを購入しました。 現在は物件をリフォーム中。引っ越しは来月の中旬になりそ...

中古の物件購入、やめたほうがいい家・土地の条件
こんにちは、なかもんです。前回の記事ではいわば「買うべき家のポイント」についての話でしたが、今回はその逆で「こういう家は買わないほうがいい」というお話です。…とい...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする