壁紙シールで中古戸建のキッチンカウンターをリメイク

こんにちは、なかもんです。
新居に引っ越して2ヶ月が経過し、家の中はほぼ落ち着きました。ようやく生活のサイクルも整ってきた気がします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

中古住宅で気になる「なんか古い感」

わが家は中古で購入した戸建てなので、水回りなど一部はリフォームしたものの、ほとんどの部分はそのまま使っています。
特に汚れや破損などあるわけでもなく、暮らす分にはまったく問題ないのですが…さすがに15年も前の建物なので、ちょこちょこ「見た目の古さ」が気になります。

たとえばこのキッチンカウンター。形やサイズ感は非常によいのですが、木材のテカテカしたニスの感じが理想のリビングのイメージに合わないんですよね…。

微妙な写真ですが、この窓の下にあるカウンター?的な板もキッチンカウンターと同じ質感で、リビングでかなり浮いてるのがイマイチ。

とはいえリフォームするほどのものでもないし…。ということで、試しに流行りの壁紙シールでDIYしてみることにしました。

セリアのリメイクシートは☓…壁紙シールを購入

安く済むに越したことはないと思い、試しにセリアで人気のリメイクシートを購入してみました。

…が、全然ダメだった…。薄っぺらすぎて空気が入るうえに破れやすく、今回のように広い面を貼るには向いていなさそうです。またキッチンに使うため耐久性・耐水性も欲しいので、高くてもそれなりの質のものを買ってみることにしました。

ということで頼みのAmazonで色々物色した結果、レビューが良いこちらの木目の壁紙を購入。張りたい面積が広いので、とりあえず5mほど買ってみることにしました。購入時の値段で3,098円です。

そして壁紙を張るような道具が一切ないため、ついでに購入。

壁紙はこんなロール状で届きました。ずっしりしていて結構ボリュームある…

貼り道具セットの中身はこんな感じ。

  • 壁紙を貼るときのおさえ用ヘラ
  • 細かい部分をおさえる用のローラー
  • カット用のステンレス定規(端に角度がついており、カットしやすい)
  • カッター

安い割には作りがしっかりしており、本格的な作業にも十分耐えられそうです。特にヘラは非常に使いやすかったです。

壁紙シールを実際に貼ってみた

まずは窓側のカウンターから試してみることに。こちらは旦那がやってくれました(*´∀`)

事前準備

アルコールスプレーで汚れなど拭いただけ。ニスを剥がしたりヤスリで削ったりなどは一切なし(汚くなりそうだし面倒だったので…)

壁紙を張る

適当な大きさにカットした壁紙シールをカウンターの端にあわせ、裏紙を少しずつ剥がしながらおさえヘラで圧着していきます。

壁紙がかなり厚手なのでぜんぜんシワにもならず気泡も入らず、拍子抜けするほど張りやすいです。

端っこまで貼ったら、ステンレス定規をあててカッターでカット。

カウンターの手前部分が丸くなっているのでうまく貼れるか心配でしたが、グッと裏側に引っ張って圧着したらキレイに貼れました。ドライヤー出してきたけど出番なし。

ただし角はちょっと面倒です。曲線に沿って細かい切込みを入れ、少しずつ折り込んでいきました。

これで窓際カウンターの張り替え、完成です!かんたん!

この壁紙、かなり本物の木っぽく見えます。かなり近くで見てもパッと見本物みたい。触ってもいい感じにザラザラしてるのがイイ!

同じ要領で、キッチンカウンターにも壁紙を。こちらもかなりいい感じに仕上がりました。

天板だけでなくカウンター周り一通りも同じ壁紙で張り替え。窓とこのカウンター一通りで5mぶんの壁紙シールをちょうど使い切るぐらいでした。

壁紙リメイクのBefore/After

窓際のカウンター

窓際Before

↓  ↓  ↓

窓際After

キッチンカウンター

キッチンカウンターBefore

↓  ↓  ↓

キッチンカウンターAfter

簡単な割には仕上がりはすごく良く、やってよかったです!部屋の雰囲気もだいぶ良くなって満足しています。

今回で味をしめたので、キッチンの内側の模様替えもすることにしました。それは次回の記事で…。

こちらもどうぞ

中古戸建てのお風呂&洗面台をリフォームしたら最高の家になった
少々お久しぶりです、なかもんです。7月に購入した中古の戸建住宅、8月から1ヶ月ほどかけてリフォームをしていたのですが、ついに完成し無事入居いたしました!! 先週...

中古で戸建てを購入してから引っ越しするまでのまとめ
こんにちは、なかもんです。 以前別の記事でも書きましたが、都内某所に中古で一戸建てを購入しました。 現在は物件をリフォーム中。引っ越しは来月の中旬になりそ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする